楽天ANAマイレージクラブカードについて

      2016/03/08

 

2016年2月16日より、楽天ANAマイレージクラブカードの新規入会申し込みの受け付けならびにカード発行が始まりましたね。

スクリーンショット 2016-02-22 23.25.22

プレスリリース|プレスリリースTOP|企業情報TOP

 

楽天側でもANA側でも、それぞれのホームページで案内しています。

 

ANA

スクリーンショット 2016-02-23 1.05.36

 

楽天

スクリーンショット 2016-02-23 1.04.35

 

「で、いったいどんなカードなの?」という方も多いのではないでしょうか。かくいう私もその一人です。というわけで、今回はこのカードについて少し見ていきたいと思います。

 

スポンサード リンク

 

基本情報

 

年会費

 

楽天カードは年会費永年無料でした。しかし、この楽天ANAマイレージクラブカードの場合は、初年度こそ無料ですが、2年目以降は540円(税込)の年会費が発生するようです。ただ、年1回以上のクレジットカード決済で無料になるようですので、そういう意味では実質無料と言って良いかも知れません。

 

 

カードラインナップ

 

カードのラインナップですが、

スクリーンショット 2016-02-22 23.27.14

 

といった感じでして、

  • ブランド:VISA、JCB、MasterCard
  • 色:シルバー、ピンク

の組み合わせで計6種類になります。ちなみに、ピンクの方には機影があるのが特徴のようです。

 

 

特徴

 

このカードの特徴ですが、

スクリーンショット 2016-02-23 19.57.56

 

ということで、本当に名前のまんまのようですね。すなわち、「ANAマイレージクラブカード」と「楽天カード」が合体したカードであり、以上の4つの機能を併せ持つカードであることが売りのようです。ちなみに、スキップサービスも利用できるようです。

 

「ん?だとすると、たまるポイントはどうなるの?」という当然の疑問が湧くわけですが、これに関しては、

スクリーンショット 2016-02-23 20.00.15

 

ということで、

  1. ANAマイルコース
  2. 楽天スーパーポイントコース

のどちらかを選ぶことになるようです。もう少し正確に言うと、そのままだと楽天ポイントが貯まる、ANAマイルコースにすると「楽天ポイントがANAマイルに自動交換される」ということのようです。ちなみに、これは申し込み後にWEB上で変更することが可能なようです。

 

この件に関して、

 

でも触れましたが、楽天ポイントは元々ANAマイルに

スクリーンショット 2016-02-13 15.07.56

 

の交換レートで交換可能でした。ですので、これを踏まえてこのカードを見直すと、

  • ANAマイルコースは単に楽天ポイントをマイルに自動交換するだけ
  • 所持することで特にマイル還元率が上がるわけでもない(還元率0.5%)

ということで、楽天カードを持っている時点であまり必要無いのでは?という印象です。強いて言うなら、ANAマイレージモールを経由して楽天市場で買い物をすると少しお得、というくらいでしょうか。いずれにしても、マイル還元率0.5%では全くお話になりませんので、陸マイラーには見向きもされないのではないでしょうか。

 

なお、あえて楽天カードとの違いを強調するのであれば、以下のとおり楽天カードにはANAマイルへの交換上限が存在します。

スクリーンショット 2016-02-13 15.08.52

 

すなわち、30,000ポイント/回、100,000ポイント/月が上限です。しかし、楽天ANAマイレージクラブカードにはこの交換上限が無いようです。ですので、とにかく大量に楽天ポイントが貯まる方の場合は、ANAマイルへの交換という意味ではメリットとなり得るのかも知れません。相当ですけどね・・・。

 

それと、注意点があります。それは、この交換レートは逆向きになると変わる、ということです。

スクリーンショット 2016-02-23 20.03.36

 

ですので、一旦楽天ポイントからANAマイルに交換した場合、逆向きに戻そうとすると楽天ポイントが半減することになるので、注意が必要です。

 

 

新規入会キャンペーン

 

現在、以下のようなキャンペーンをやっているようです。

スクリーンショット 2016-02-23 21.26.37

 

 

楽天スーパーポイント

 

楽天側のキャンペーンは以下の通りです。

スクリーンショット 2016-02-23 21.28.05

 

普通の楽天カードでももう少し大盤振る舞いしているような気もしますが・・・。なお、注意が必要なのが、特典1は通常ポイントですが、特典2は期間限定ポイントだということです。すなわち、こちらはマイルに変換することができません。

スクリーンショット 2016-02-13 15.08.52

 

ということで、期間限定ポイントはマイルに変換できないのでしたね。ですので、実質1,000マイル+3,000ポイントということになります。

 

また、もう一つ「なんだよ!」というポイントがあります。それは、

  • すでに楽天カード、楽天プレミアムカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天PINKカード、FCバルセロナオフィシャル楽天カード、楽天カードアカデミー、楽天銀行カードにお申し込みの方(退会された方やカード切り替え申し込みされた方も含む)は対象外です。

楽天ANAマイレージクラブカード新規入会キャンペーン|キャンペーン|トップ

 

ということで、既に上記の楽天関連カードを発行したことがある場合は、いかなる場合もキャンペーン対象外となってしまうようです。更に発行する意義が感じられなくなりました。

 

 

ANA楽パッククーポン

 

翻って、ANA側のキャンペーンは以下の通りです。

スクリーンショット 2016-02-23 21.39.57

 

ANA楽パックのクーポン4,000円分って、キャンペーンの特典としてどうなんでしょうか?しかも、30,000円以上の利用が条件です。そして、極めつけは、

  • すでに楽天カード、楽天プレミアムカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天PINKカード、FCバルセロナオフィシャル楽天カード、楽天カードアカデミー、楽天銀行カードにお申し込みの方(退会された方やカード切り替え申し込みされた方も含む)は対象外です。

楽天ANAマイレージクラブカード新規入会キャンペーン|キャンペーン|トップ

 

・・・ということで、楽天関連カード所持者にとっては、要はキャンペーン無しってことですね。特に新規入会で1,000マイルだとか、継続で1,000マイルだとかも無いので、ANA一般カードにすら分類されない、なんちゃってANAカードという認識で良さそうです。

 

 

まとめ

 

以上、楽天ANAマイレージクラブカードについて見てきましたが、如何でしたでしょうか。現時点ではもちろんどこのポイントサイトにも案件はありませんし、キャンペーンも上記のような状態です。更にマイル還元率も0.5%と、私個人としては正直全く食指が動かないカードでした。ただ、楽天カードを持っていない方であれば、多少は考慮しても良いのかも知れません。というわけで、今回は以上になります。

 

スポンサード リンク

 

 

>>ANAマイレージモールを経由した楽天市場での買い物に関する情報はコチラ!

 

関連記事

 

 




当ブログにお越しいただきありがとうございます。

下記ランキングサイトに登録して勉強中です。

ブログ発展のため、下記クリックにどうかご協力ください。

よろしくお願いします!

 ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


ここまでお読みいただきありがとうございます


気に入っていただけましたら
「フォロー」「いいね!」をお願いいたします!

あなたにオススメの記事はこちら!

 - クレジットカード, 楽天カード