ハピタスから申請したSBI FXトレードで取引してみた

      2016/05/22

 

先日、と言ってもかなり前にはなりますが、ハピタスからSBIのFXトレードを申し込みました。

 

この案件のポイント獲得条件ですが、

スクリーンショット 2016-03-22 10.10.51

 

すなわち、

  1. 新規口座開設
  2. 90日以内に1万円以上の入金
  3. 90日以内に1通貨以上の取引を完了

の全てを満たすことでした。ところが、現時点ではまだ1しか達成できていない状況です。ですので、一応時間的にはまだ余裕があるはあるのですが、そろそろ2と3をやってしまいたいと思います。今回はその辺りについてのお話になります。

 

 

 

口座開設手続き完了案内

 

今回、口座開設を申請したのが3月22日でしたが、3月24日には口座開設手続き完了の案内が届きました。かなり早いですね。まあ、実際にはそのときは不在で、受け取ったのは3月27日でしたが。

IMG_6766

 

開封して中身を取り出すと、まずはログインに必要なログインIDと初期パスワードが記載された案内が出て来ました。

IMG_6767

 

更に、入金方法(クイック入金)についての説明も入っています。すなわち、SBI FXトレードでは、通常の振り込みに加えて、提携金融機関からの即時入金サービスが利用できるようですね。

IMG_6769

 

裏面には、取引ツールのラインナップや操作マニュアルの案内について書かれています。

IMG_6768

 

では、いよいよ必要な条件(すなわち2と3)を順に満たしていきたいと思います。

 

 

SBI FXトレード

 

ログイン

 

まずはホームページにアクセスします。

 

トップページはこんな感じですね。ちなみに、メニューには「ログイン」はありません。

スクリーンショット 2016-05-02 0.15.31

 

では、どこに「ログイン」があるかと言うと、左側にバナーが並んでいますが、その中に「ログイン」があります。ですので、ここからログイン画面に移動します。

スクリーンショット 2016-05-02 0.16.00

 

先ほどの案内に書かれたログインIDとパスワードを入力します。

スクリーンショット 2016-05-02 0.16.17

 

すると、「重要なお知らせ」というページに移動し、各種の承諾を求められますので、内容を確認して問題無ければ各々承諾していきます。すると、自動的に次のページに移動します。これでログイン完了ですね。

スクリーンショット 2016-05-02 0.54.12

 

 

入金

 

ログインが完了しましたので、まずは2の「90日以内に1万円以上の入金」という条件を達成しようと思います。入金額は1万円以上ということなので、1万円でOKですね。まずは入金口座の設定ですが、上のメニューの「入出金」にマウスのポインタを置くと、下のようにサブメニューが出現しますので、この中から「入金」を選択します。
スクリーンショット 2016-05-02 0.59.19

 

すると、以下のようなクイック入金サービスの画面に移動します。以降、金融機関の情報を入力していくことになります。私は楽天銀行から入金する予定ですので、「その他金融機関」を選択しました。振込金額を「10,000円」に設定し、「次へ」をクリックします。

スクリーンショット 2016-05-02 0.58.20

 

次は金融機関選択画面になります。なお、ご自身の金融機関が利用可能かどうかは こちら からご確認ください、とのことです。前述のとおり、私は楽天銀行を利用する予定ですので、「楽天銀行」を選択しました。

スクリーンショット 2016-05-02 1.02.41

 

すると、以下のようなポップアップが出現します。間違えていませんので、「OK」をクリックして次に進みます。

スクリーンショット 2016-05-02 1.06.52

 

ここからは各行で異なるかと思われますので、それぞれの手続きを進めてください。楽天銀行に関しましては、以下のようなログイン画面がポップアップします。いつもどおりユーザIDとログインパスワードを入力し、ワンタイムキーを発行してログインします。

スクリーンショット 2016-05-02 1.11.15

 

すると、以下のような払込内容の確認画面に移動しますので、諸々間違っていないことを確認します。規定への同意をチェックし、暗証番号を入力した上で「払込実行」をクリックします。

スクリーンショット 2016-05-02 1.12.54

 

これで楽天銀行側からの払込が完了しました。

スクリーンショット 2016-05-02 1.20.23

 

SBI FXトレード側に戻ります。以下のような画面が表示されているはずですので、一番下にある「入金確認」をクリックします。

スクリーンショット 2016-05-02 1.08.30

 

ちゃんと入金できていますと、このような振込み完了の確認画面に移動します。

スクリーンショット 2016-05-02 1.21.29

 

取引のトップページでも、10,000円が入金されていることが確認できます。これで2の条件は充足されました。

スクリーンショット 2016-05-02 1.38.53

 

 

取引

 

最後に3の条件、すなわち「90日以内に1通貨以上の取引を完了」を達成しようと思います。ここで注目すべきは、「1通貨」で良いということです。通常、一般的なFX会社では、取引は1,000通貨単位や10,000通貨単位からになっているところが多いかと思います。にも関わらず、SBI FXトレードでは、1通貨単位から取引が可能なのです。このことに関して、ちょっとホームページ内を探してみますと、しっかりと明記されていました。

スクリーンショット 2016-05-02 2.20.05

 

ですので、端的に言うと、「1ドルを買って、それをすぐに売れば3の条件は満たされる」ことになります。1ドルは100円程度ですから、この取引ではどんなに頑張っても100円程度の損しか生じ得ません。それも、ドルが暴落して紙切れ同然になって初めて100円損する、ということです。さすがにそれは考えられないですから、このやり方であれば損はほとんど生じないはずです。FXと言うとレバレッジがかかるために恐ろしいという印象がありますが、殊この条件を満たすことだけに集中するのであれば、その点は心配無さそうです。

スクリーンショット 2016-05-02 2.27.06

 

というわけで、今回は私情を挟まずに、ただただ機械的に1ドルを売買してみようと思います。結果どうなるのか?。

 

新規注文

 

まずは下のメニューバーより「新規注文」を選択します。

スクリーンショット 2016-05-02 2.33.09

 

そうしますと、ページ下部に以下のような表示が出現します。今回は私情を挟まず機械的に、というコンセプトですので、注文は成行とします。通貨ペアは、こちらも分かり易く「USD/JPY」にします。売買はどちらを先行させても良いのですが、こちらも「買ったものを売る」の方が感覚的に分かり易いかと思いますので、まずは「買」にします。注文数量は前述のとおり「1」ですね。これで注文を確認します。

スクリーンショット 2016-05-02 9.17.24

 

注文確認画面を省略して注文を発注してしまうことも可能なようですが、一応内容が間違っていないことを確認します。こうしている間にもレートは刻一刻と変動していますね。これで問題無ければ、「注文発注」より注文を確定させます。

スクリーンショット 2016-05-02 9.17.40

 

無事に注文が受け付けられました。成行ですので即約定し、レートは106.4550円となったようです。

スクリーンショット 2016-05-02 9.17.53

 

メニューの注文履歴からも、この取引が間違いなく約定されていることが確認できました。

スクリーンショット 2016-05-02 9.18.26

 

では、続いて決済に移ります。メニューの「決済注文」を選択します。

スクリーンショット 2016-05-02 9.28.59

 

すると、先ほどの注文が表示されますので、これを決済してしまいます。ちなみに、個別も一括もへったくれもありませんので、どちらを選んでも良いと思いますが、とりあえず個別の方の「決済」をクリックします。

スクリーンショット 2016-05-02 9.18.56

 

成行なのは同様です。今度は特に入力する部分はありませんね。注文数量も1通貨単位ですから、これ以上どうしようもありません。もっと大量に所有していれば話は別ですが。今回も注文確認画面を省略することが可能なようですが、一応「注文確認」から注文内容を確認しておきます。

スクリーンショット 2016-05-02 9.19.17

 

上とほとんど同じ画面ですが、このような確認画面に移動します。当然ですが、レートは刻一刻と動いています。このまま決済すればプラスになってくれそうですね。「注文発注」をクリックします。

スクリーンショット 2016-05-02 9.19.30

 

無事に注文が受け付けられました。先ほどの取引と同様に成行注文ですので、即約定になります。レートは以下のとおりでした。

スクリーンショット 2016-05-02 9.19.45

 

注文履歴から確認しますと、以下のようになりました。ブログに載せる写真を撮ったりしていた関係で少し時間が掛かってしまいましたが、それでも2分足らずで売買が終了しています。ですので、それこそ何も考えずに買って売るだけであれば、1分もあれば十分な気がします。

スクリーンショット 2016-05-02 9.20.11

 

なお、今回は損得は度外視で機械的に売買を行いましたが、最終的に3.54銭の利益が出たようです。まあ、1ドルの取引で動くお金なんてこんなもんですよね。逆に、1通貨単位の取引であれば、このように機械的に売買を行なったとしても、大きな損失が生じる心配はほぼ皆無であることもよーく分かるかと思います。

スクリーンショット 2016-05-02 9.20.31

 

というわけでして、これで3の条件も無事に満たすことができました。口座開設から取引完了までだいぶ間が空いてしまいましたが、これであとはポイントが承認されるのを待つばかりとなりました。なお、入金した10,000円ですが、即座に出金するも良し、残しておいて今後の取引を楽しむも良し、個人個人の判断といったところでしょうか。

 

FXの案件は危険である、という意見があります。そして、それはある意味において真実だと思います。実際にFXで身を滅ぼす方もいらっしゃいます。ただ、今回の取引に関しては、前述のとおりどう転んでも身の滅ぼしようがありません。ですので、何より重要なことは、案件のポイント獲得条件を十分に確認し、自分が手を出しても大丈夫そうかどうかをしっかりと考えることだと思います。また、それだけでは不安なのであれば、FXについてしっかり勉強してから判断するしかありません。世の中、努力はしたくない、でも得はしたい、だけではとても上手くはいかないということですね。ただ、その中でも今回の案件はバカちょんでほとんど損失を出すこと無く達成できてしまうので、必要があれば参考にしていただければと思います。今回は以上になります。

 

 

 

>>ハピタスでのSBI FXトレードの口座開設申請に関する記事はコチラ

 

 

関連記事

 

 

 

 




当ブログにお越しいただきありがとうございます。

下記ランキングサイトに登録して勉強中です。

ブログ発展のため、下記クリックにどうかご協力ください。

よろしくお願いします!

 ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


ここまでお読みいただきありがとうございます


気に入っていただけましたら
「フォロー」「いいね!」をお願いいたします!

あなたにオススメの記事はこちら!

 - ANAマイル, 貯め方