緊急事態!?ダイナースグローバルマイレージ移行上限が2016年2月1日から10万マイルになる罠

      2016/03/08

 

こんばんは、Kaaazです。タイトルを見て、あれ?と思われた方もいらっしゃるかも知れません。そうなんです、連載二回目にしていきなりANA SFCの話題からそれます。

 

ただ、それはタイトル通り残り1週間もない話題だからでして、臨時増刊号とでも思っていただければと思います。そして、ANA SFCとは直接関係無さそうに思えるかも知れませんが、実は個人的には関係大ありなんです!(愚痴に近いです)

 

スポンサード リンク

 

ダイナースクラブの注意すべき2つの変更点

 

そもそもダイナースクラブとは何か?

diners_logo_white

 

ANA SFC目当てでこのブログにお越しいただいた方々はクレジットカードにも造詣が深そうですが、そうは言ってもダイナースに関してはあまりご存知ない方もいらっしゃるかも知れません。端的に言えば、クレジットカードの五大国際ブランドの1つになります。

 

また、世界で最初に誕生したクレジットカードでもあり、そう言った意味ではかなり由緒正しいカードと言えます。ただ、その割には知名度・認知度がかなり低い印象がありますね。やはり他のブランドと比べて使える店舗が少ないことが影響しているのでしょうか。

 

ただ、今回はダイナースを皆さんに紹介するのが目的ではないため、このカードに関する詳細は割愛します。と言いますのも、この質問にちゃんと答えようとすると、それだけで立派な記事が1つ(もっと?)出来上がってしまうからです。クレジットカード関連の話題はそのうち改めてさせていただこうと思いますので、それまで楽しみにお待ち下さい。

 

閑話休題。タイトルの通り、2016年2月1日からダイナースグローバルマイレージの移行上限が10万マイルに限定されることになってしまいました。なお、これに関しては後ほど詳しく説明しますので、ここでは何となくで構いません。そして、この変更自体も相当な改悪なのですが、これに以前の変更点が組み合わさったことでより凶悪なコンビネーションが生み出されてしまったのです。あー、もう!どうなってんのーーっ!!

PAK86_atamakakaerujyosei20140125

 

ということで、何をそんなに困っているのか?凶悪コンビネーションとは?ということを説明していこうと思います。そして、何故このような記事を臨時で書いたのか、についても後述いたします。

 

 

ダイナースグローバルマイレージについて

 

ダイナースには、ダイナースグローバルマイレージというプログラムがあります。これは、ダイナースでためたポイントを1ポイント → 1マイルの交換レートで各航空会社(16社)のマイルに移行できる、というものでした。通常会員であれば年間6,000円を支払うことで、またプレミアム会員であれば無料でこのプログラムに参加することが出来ます。

 

このプログラムにはANAも参加しており、年間80,000マイルまでという交換上限はあるものの、ANAマイルへの交換も可能です(JALは不参加)。そして、ANA以外の航空会社の場合は上限無しでポイント移行できる、というのが非常に大きな特徴だったのです。

 

しかし・・・

 

 

第一弾:一部参加航空会社へのポイント移行終了のお知らせ

 

2015年10月1日より、このプログラムへの参加航空会社が16社 → 6社に激減することとなりました。・・・え?いきなり半分以下?これにより、ポイントの移行先がかなり絞られる形になり、自由度が大きく落ちることとなりました。これだけ一挙にサービス終了となると、中にはお目当ての航空会社が外れて困った事態に陥った方も多数いらっしゃったのではないでしょうか。

 

しかし!変更はこれだけに留まりませんでした。

 

 

第二弾:サービス改訂のご案内

 

実際には2016年2月1日より変更予定であり、現時点では未来形です(ただ、もうすぐです!)。HPには上記タイトルに引き続き詳細が記載されていますが、その内容を噛み砕いて抽出すると、

  1. 参加航空会社を6社 → 5社へ更に削減
  2. 各航空会社へのポイント移行上限を無制限 → 10万マイルに変更(ANAは上限80,000マイルで変わらず)

ということになります。

 

もう少し詳しく、2016年2月1日以降の参加航空会社は、

  • アリタリア・イタリア航空
  • 大韓航空
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空
  • ANA

の5社のみになってしまう見通しです。この短期間でこれだけ急激に減りましたから、中には移行先を失い、それが原因でダイナース解約に至る人が出て来てもおかしくなさそうです。

 

また、これまで無制限だったポイント移行にも上限が設定されてしまい、しかもたかだか10万マイルという低い値になってしまいました。これは正直かなりの改悪で、ネット上での口コミ等を見ても相当な不評を買っています。

 

ダイナースは利用上限の設定が無いことで有名なクレジットカードです。ですので、富裕層ともなると利用金額も半端ではなく、結果的に大量のポイントが貯まっているはずです。それにも関わらずポイント利用の上限設定をしたということは、富裕層ほどポイントを持て余すようにしてしまった、ということに他なりません。今後、思うようにマイル変換できなくなってしまった富裕層がどのような反応を見せるのかが気になるところです。

 

ということで、非常に不評なこの10万マイルの移行制限ですが、実は他の意味でも非常に重くのしかかってくることになります。それは一体どういうことなのか?それを理解していただくためには、次の問題点に関してもしっかりと理解していただく必要があります。

 

 

 

カード切り替え時のポイント移行について

 

突然ですが、私はダイナースクラブプレミアムカードを所有しています。

diners club premium

これは特に提携のない、いわゆるプロパーカードになります。「ふーん。で?」という声が聞こえて来そうですが、そこは核心までもう少しご辛抱下さい。わざわざこんなことを言うのにも、後々それなりの意味があるからです。

 

ANA SFCがクレジットカードであるということは、

 

で説明しました。そして、SFCを取得する方法は、

  1. 新規にANA SFCカードを申し込む
  2. 手持ちのANAカードをANA SFCカードに切り替える

のいずれかになります。そこで私が検討していたのが、SFC取得を見据えたダイナースプレミアムからANAダイナースプレミアムへの切り替えでした。と言うのも、これにはいくつかのメリットがあったからです。

 

前述の通り、ダイナースグローバルマイレージでは、ANAマイルへの移行上限は年間80,000マイルまでと決まっていました。しかし、ANAダイナースを所持していると、ANA以外の航空会社へはポイント移行ができなくなる反面、ANAマイルへの移行上限は消失するのです。これは、今後SFC取得を目指す私にとっては非常に魅力的なものでした。と言うのも、ANAマイルはANA SKY コインに交換可能であるため(マイルをお金にかえられる、と理解していただいて結構です)、今後の航空券購入費用をかなり補填することが可能と考えたからです。

 

また、実際にSFC取得を目指して飛行機に搭乗していく上で、ANAカード プレミアムを所持しているメリットも大きいと考えます。まず、ANAカード プレミアムがあれば国内線のANAラウンジが使用可能になります。また、搭乗時ボーナスマイルが50%つき、更には入会時及び更新時にそれぞれ10,000マイルずつを貰うことができます。さきほど言った通りANAマイルはANA SKY コインに変換可能ですから、これらを補填に回すことも可能です。

 

 

そんなわけで、早速ダイナースプレミアムからANAダイナースプレミアムへ切り替えようとあれこれ調べていたところ・・・悲劇は起きたのです!

KENTA852_douropunk

 

以下がその際に見付けてしまった内容を、泣きながら自分で表に作り直したものになります。

ダイナースカード切り替え

 

まあ、最後の2行を読んでいただければ何が言いたいかすぐに分かるかと思いますが、一応HPからの引用も入れておきます。

2014年12月1日(月)の切替申込書ご到着分から、現在お持ちのカードとお切り替え後のカードが、当社の定めたカード種別と異なる場合は、現在お持ちのカードでお貯めいただいたポイントならびにマイルはお切り替え後のカードに移行されません。

【重要なお知らせ】切替時のポイント/マイルの移行について|お知らせ|ホーム

 

これまで、基本的にはプロパーダイナースから提携ダイナースへのカード切り替えを行っても、ポイントはそのまま移行可能でした。それが、2014年12月1日より、上の表で言うカード種別が異なる群に切り替えを行うと、ポイント移行が出来ないシステムになってしまっていたのでした。てか、どういうことよ・・・。

 

 

凶悪コンビネーション

 

こうして、これらが有機的に絡み合うことで最初に言及した凶悪なコンビネーションが生み出されてしまったわけです。すなわち、

 

よし!ダイナースプレミアムからANAダイナースプレミアムに切り替えようっと!

あれ?ポイントが移行できなくなってる!切り替えたらポイント失効だって!どうしよう・・・?

しかたない!とりあえず80,000ポイントはANAマイルに変換しよう!

スクリーンショット 2016-01-27 3.51.56

(残り3332マイルは、「ブログ開設にあたって」で言及した3回のフライトによるものです)

でも、まだ大分ポイントが余ってるな・・・。どうしよう?

え!?2月1日からポイント移行の上限が10万マイルになっちゃうの!?もしマイルに変換するなら急がなきゃマズイじゃん!  ← 今ココ

 

こんな状態です。ANAカードに切り替えた上で、ポイントは全てANAマイル→ANA SKY コインに変換し、諸々の費用に充てるという当初の計画は脆くも崩れ去りました。それどころか、ポイントを全て使い切らないと切り替え出来ないのに、2月1日から更にポイントを使い切るのが難しいシステムに移行してしまうという、本当に最低の状況です。恐るべし、凶悪コンビネーション。

 

ただ、この件に関してネット上をかなり検索したのですが、言及しているサイトは数える程しか見当たりませんでした。特殊な状況過ぎて、あまり該当する人がいないからでしょうか。ただ、現時点でこうするのが正解と言うのは難しいのですが、ANAがスターアライアンスに加盟しており、スターアライアンス便でもPPが稼げることを考えると、まだ上限無くマイル変換可能なうちにユナイテッド航空に全てつぎ込むのが良いのかも知れません。

 

そんなわけで、自分の置かれた悲惨な状況をご報告させていただきました。そして、この記事に触れていただくことで、同じような状況に置かれているにも関わらず気付いていない方に気付いていただけたり、もしくは気付いて間もない方に対処法をご検討いただけたり等、少しでもお力になれるのではないかと思い、このような記事を臨時で書かせていただいた次第です。

 

先ほども言った通り、この件に関する記事は非常に少ないため、残り期限はかなり短いですが、そこまでに少しは役に立てればという思いです。まあ、まだまだ黎明期でアクセス数も少ないブログですから、そもそも目に触れること無く葬られてしまう可能性も大いにありますが・・・。

 

次回はまたANA SFCについての話に戻ります。前回の記事の続きになりますので、またご訪問いただけると嬉しいです。

 

スポンサード リンク

 

 

>>ANAダイナース プレミアムカードとは?

 

関連記事

 

 

 

 




当ブログにお越しいただきありがとうございます。

下記ランキングサイトに登録して勉強中です。

ブログ発展のため、下記クリックにどうかご協力ください。

よろしくお願いします!

 ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


ここまでお読みいただきありがとうございます


気に入っていただけましたら
「フォロー」「いいね!」をお願いいたします!

あなたにオススメの記事はこちら!

 - クレジットカード, ダイナースクラブ