ANA SFC取得によるメリット

   

 

前回はプレミアムポイントについての説明でした。

 

今回は、いよいよSFCを取得するメリットについて説明していきたいと思います。

 

スポンサード リンク

 

本日のメニュー

SFC取得によるメリット

 

ここまで長かったですが、いよいよSFCを取得することによってどのようなメリットがあるのか、についての説明です。散々引っ張って来ましたが、メリットが相当良いものでなければわざわざこれだけの苦労を乗り越えて取得する理由が無いですもんね。ただ、これから順を追って説明していきますが、たくさん有り過ぎて恐らくパッとは覚えられないと思います。

スクリーンショット 2016-03-06 11.00.52

 

そうなんです!それほど沢山のメリットがあるんです!なので、丸暗記する必要は全く無いですから、必要なときはこのページに戻って来て確認して貰えればと思います。なお、個人的な重要度によって箇条書きのみとしたものもありますので、ご容赦ください。

 

 

予約関連のメリット

 

スーパーフライヤーズ会員専用サービスデスク

 

SFCを取得することで、予約や各種問い合わせを行うのが専用のサービスデスクになります。会員数の関係により、一般会員サービスデスクはもちろんのこと、ブロンズ会員サービスデスクよりも繋がりやすいのはメリットでしょう。逆に、プラチナ会員サービスデスクよりはさすがに繋がりにくいです。家族会員も同サービスデスクを利用できます。

 

 

国内線座席指定の優先

 

普段飛行機の座席を予約するとき、良い席はいっつも埋まっているなー、とか思ったことはありませんか?私はいつも思っていました(笑)その謎の答が、このステータスに応じた国内線座席指定の優先だったのです。埋まっていると言うか、そもそも選択することすらできなかったわけですね。

 

各ステータスによる座席範囲は以下のようになっています。

スクリーンショット 2016-01-28 4.26.07

 

スーパーフライヤーズ会員はプラチナ会員と同等になりますので、図の青い範囲になります。なお、家族会員や同行者も同様に座席指定できます。今までと比べて快適なフライトが、自分だけでなく家族や同行者にも約束されるわけですね。

 

 

ご予約時の空席待ちの優先

 

これは、希望の便が満席の際に空席待ちを優先して取り扱って貰えるということですね。一般会員はもちろん、ブロンズ会員よりも優先順位が上なため、後からキャンセル待ちをお願いしても先に空席が確保できてしまうという、ややチートレベルのサービスです。繁忙期には特に猛威をふるいそうですね。

 

また、私自身台風に巻き込まれて予約キャンセル待ちで大変な目にあった経験があるのですが、その時にSFCがあればもっとずっと楽だったのかも知れません。このメリットも、本人だけでなく家族会員、同行者もその恩恵に預かることが可能です。

 

 

国際線特典航空券の優先予約・空席待ちの優先取扱い

 

これはそのまま文字通りですね。国際線特典航空券の予約および空席待ちを優先的に取扱って貰うことができます。これはプラチナ会員と同等のサービスになります。ただし、スーパーフライヤーズ会員本人が自分のマイルで搭乗する場合のみとなります。

 

 

アップグレード特典の優先予約・空席待ちの優先取扱い

 

国際線アップグレードの予約および空席待ちを優先的に取り扱って貰うことが出来ます。これもプラチナ会員と同等のサービスですね。ただし、これも同様ですが、スーパーフライヤーズ会員本人が自分のマイルで登場する場合のみとなります。

 

 

空港関連のメリット

 

優先チェックインカウンター

 

国内線の場合、ANA PREMIUM CHECK-INを利用することが可能です。まあ、国内線だと手荷物が無くて直接保安検査場に向かうことも多いので、その場合はあまり意味は無いかも知れません。ただ、繁忙期に国内旅行に行く場合、一般のチェックインカウンターは荷物を預ける人々で長蛇の列になっていることがほとんどです。これを回避できると考えると、そのメリットは計り知れないものがあります。

 

国際線の場合、ビジネスクラスチェックインカウンターないしスターアライアンス・ゴールド専用カウンターを利用することができます。国際線では基本チェックインカウンターを100%使用することになるため、このような専用カウンターを利用すれば待ち時間を大幅に短縮することができます。これは大きなメリットでしょう。

 

こちらもプラチナと同等のサービスになります。なお、いずれのサービスも家族会員は利用可能ですが、同行者は利用不可になりますので、ご注意ください。

 

 

手荷物受け取りの優先

 

手荷物を預けたとき、ちゃんと目的地で荷物が出てくるかどうかは死活問題ですよね。荷物が出てこないと喚いたり半狂乱になっている人を見かけることも少なくはないんじゃないでしょうか(それは言い過ぎか)。

 

スーパーフライヤーズ会員の場合、荷物預かり時に優先タグをつけて貰うことが出来ます。

 

国内線

スクリーンショット 2016-03-06 11.05.00

 

国際線

スクリーンショット 2016-03-06 11.05.20

 

すると、目的地で荷物が優先的に出てくると、まあそういうわけですね。当然、荷物受け取りまでの時間が短縮でき、早々に空港を後にすることができるのは大きなメリットです。ただ、ダイヤモンド会員よりは後回しになります。

 

また、荷物紛失の対策になるということも非常に重要なメリットだと思います。このサービスもプラチナと同等で、家族会員は利用可能ですが、同行者は利用不可になります。

 

 

手荷物許容量のご優待

 

無料で預けられる手荷物の個数や重量制限が優待されます。具体的には、

  • 国内線:無料手荷物許容量 +20kg
  • 国際線:無料手荷物許容量 +1個

となっています。こちらもプラチナと同等で、家族会員は利用可能ですが、同行者は利用不可となります。

 

 

専用保安検査場のご利用

 

一般の保安検査場ではなく、専用の保安検査場を利用することができます。これは想像するだけでめちゃくちゃ有用なサービスではないでしょうか。一般の保安検査場はたいていが混んでいる上に、なんやかんやと滞ることが多いため、非常にストレスフルなことが多いですよね。特に繁忙期や混雑する時間帯は目も当てられません。

 

そこでこの専用の保安検査場です。利用人数が少ない上に手慣れた人が多いでしょうから、一般の保安検査場とは比べ物にならないほど快適かつ短時間で通過できることでしょう。まあ、あえて難点をあげるとすれば、

 

国内線

羽田空港:ANA PREMIUM CHECK-IN

新千歳空港、伊丹空港、福岡空港:専用保安検査場

 

国際線

成田空港:STAR ALLIANCE GOLD TRACK、優先保安検査場(プライオリティレーン)

羽田空港:優先保安検査場(プライオリティレーン)

 

と、利用可能な空港がちょっと少ないことくらいでしょうか。これに関してもプラチナと同等のサービスで、こちらは家族会員のみでなく同行者1名まで利用することが可能です。

 

 

優先搭乗のご案内

 

国内線および国際線の全路線において、実際に乗るクラスに関わらず優先的に機内に搭乗できるサービスです。まあ、ある意味非常にお馴染みのサービスですよね。今は逆に優先搭乗を指をくわえながら見ているだけの立場なので、このサービスは本当に羨ましい限りだと個人的には思っています。

 

国内線

スクリーンショット 2016-03-06 10.58.44

 

国際線

スクリーンショット 2016-03-06 10.59.00

 

と言いますのも、優先搭乗が終わってからの搭乗となると、荷物置き場の確保が難しいかったり、人が通路に詰まって進まなかったり、結果なかなか座席に辿りつけなかったりと、結構悲惨な状況がしばしば起こるからです。ですので、個人的には専用保安検査場と共に、SFCを取得する非常に大きなメリットの1つだと考えています。

 

もちろん、家族会員は利用可能ですが、同行者は利用できません。こちらもプラチナと同等のサービスとなります。

 

 

空港での空席待ちの優先お取り扱い

 

出発当日、希望する便やクラスが満席でも、優先的に空席待ちの呼び出しをしてもらえるサービスです。ただし、現在のランク付けですが、

 

種別S:ダイヤモンド会員

種別A:プラチナ会員、ブロンズ会員、スーパーフライヤーズ会員、スターアライアンスゴールド・シルバー会員

種別B:プレミアムクラス席・普通席(一般席)希望者

種別C:上記以外(シニア空割・スカイメイト割引)

 

のようになっているため、

  • ダイヤモンド会員が優先されること
  • ブロンズ会員と同等であること

の2点には特に注意が必要です。要は、そこまで優先されるわけではないから過信は禁物ですよ!ということですね。

 

 

ラウンジのご利用

 

国内線・国際線ともに、ANA国内各空港のラウンジを使用することが可能です。

スクリーンショット 2016-02-06 17.18.48

 

また、スターアライアンス・ゴールドメンバーでもあるため、スターアライアンス加盟航空会社便を利用する際には、全世界に1,000ヵ所以上の空港内にあるスターアライアンス加盟航空会社のラウンジを利用することも可能です。搭乗の時間になるまで、ラウンジでゆったりとくつろげるのは良いですよね。「あ!携帯の充電が切れそうだ!」なんてときに充電のためのコンセントが使えるので安心です。

 

 

マイカー・バレーのご優待(成田空港)

 

羽田空港駐車場の優先予約

 

香港国際空港の優先レーン

 

 

マイル関連のメリット

 

フライトボーナスマイル

 

搭乗に際して、通常のフライトマイルにボーナスマイルが付与されるサービスで、家族会員も利用可能です。これは、SFCカードの種類によって付与率が変わり、以下のようになります。

  • 一般カード:          35%
  • ゴールドカード:    40%
  • カードプレミアム: 50%

この点に関しては、プラチナが90〜105%であることを考えると、両者で大きく異なる数少ない点の1つだと言えます。

 

ちなみに、マイルを貯めて交換するいわゆる特典航空券を利用する場合、1円たりとも支払いをしない関係でフライトマイルは1マイルたりとも貯まりません。言い換えると、特典航空券を利用する場合はこのサービスは全く意味を成さない、とも言えるわけです。

 

ですので、最近はやりのいわゆる「陸(おか)マイラー」の方々は、飛行機搭乗ではなく日々の生活でマイルを貯め、特典航空券を用いて無料で飛行機に乗ることを目標とするため、このサービスの差はほとんど問題にならないわけですね。逆に、航空券を購入して搭乗される方の場合はある程度差が出てくることになるかと思います。

 

なお、SFC取得を目指すにあたり、陸マイラーとしてマイルを貯めまくることはその費用捻出にとって非常に有効です。何故かと言いますと、次の項で説明する通り、マイルはANA SKY コインに交換することが可能だからです。交換したANA SKY コインは航空券の購入に使用できますので、出費を抑えることができます。なお、この件に関する詳細はまた別記事で紹介いたします。

 

 

マイルからANA SKY コインへ特別倍率で交換

 

そもそもANA SKY コインとはなんでしょうか。これは、ANAウェブサイトで航空券や旅行商品の支払いに10コイン単位(=10円分相当)で利用できる電子クーポンです。マイルからも交換出来るため、マイルを貯めてANA SKY コインに交換すれば航空券の購入費用に充てることも可能となり、SFC取得に向けて大きな味方となってくれます。このマイルからANA SKY コインへ交換を行う場合、ステータスや所持カード、マイル数で以下の表のような交換レートになります。

スクリーンショット 2016-01-28 13.43.16

 

このサービスに関しては、プラチナ会員はもちろんブロンズ会員よりも交換レートが若干劣ってしまうようです。ANAゴールドカードやANAカード プレミアムと同等ですので、そこまで特記すべきメリットでは無いかも知れません。ただ、それでも余ったマイルの有効活用には良いのではないでしょうか。

 

 

その他のメリット

 

アップグレードポイント

 

「アップグレードポイントを利用することで、後述するようなサービスを受けることができるようになります、か。・・・ふ〜ん。で・・・アップグレードポイントってそもそも何?(汗)」私は正直、こんなレベルです。というわけで全然分からないので、早速ANAのHPで調べてみました。

 

そうしますと、まずはこのアップグレードポイントをもらうためにはプレミアムメンバーであることが前提のようです。なるほど、それは知らないわけだ。そして、1月〜12月のANA運航便で獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度に特別にプレゼントされるとのことです。具体的には、以下の表のような感じですね。

スクリーンショット 2016-01-28 14.49.45

 

では、このように貯まったアップグレードポイントは、どのように利用できるのでしょうか。

 

 

座席クラスのアップグレード

 

アップグレードポイントを使用することで、国内線・国際線ともにアップグレード可能となるのがこのサービスです。なるほど、文字通りアップグレードに使うことができるわけですね。この際、事前に特典利用者登録を済ませておけば、2親等以内の家族も利用できるというのが嬉しいですね。

 

では、実際のアップグレードはどのような感じなのでしょうか。まずは国内線に関して、一律4アップグレードポイントでアップグレード可能となっています。どの区間でも一定であることを考えると、長距離路線で利用する方がメリットが大きいように思えます。なお、国内線アップグレードに関してですが、搭乗当日に空きがある場合にのみ変更が可能で、その受け付けは空港のみになります。事前の予約は出来ないようですので、そこは注意が必要です。

 

次に、国際線です。国際線は区間によってアップグレードに必要なアップグレードポイントが変わって来ます。

 

欧米路線

エコノミー→ビジネス 10アップグレードポイント

ビジネス→ファースト 20アップグレードポイント

 

リゾート・東南アジア・南アジア路線

エコノミー→ビジネス 8アップグレードポイント

ビジネス→ファースト 16アップグレードポイント

 

東アジア路線

エコノミー→ビジネス 6アップグレードポイント

 

オセアニア路線

エコノミー→ビジネス 10アップグレードポイント

 

見て分かる通り、東アジア路線およびオセアニア路線では、ビジネスクラスからファーストクラスへのアップグレードはありませんね。また、全ての券種でアップグレードできるわけではないため、事前にアップグレード可能な券種をしっかりと確認する必要があります。なお、国際線に関しては、原則搭乗日355日前〜出発時刻の24時間前までの事前予約が必要となります。

 

 

アップグレードポイントからANA SKY コインへの交換

 

文字通り、アップグレードポイントをANA SKY コインへ交換することができるサービスです。交換レートは、1アップグレードポイント=1,000ANA SKY コインとなっています。1ANA SKY コイン=1円相当ですから、この交換では1アップグレードポイント=1,000円相当と換算されます。

 

一方で、国内線のプレミアムクラスへの当日アップグレードは現在9,000円となっていますが、これが4アップグレードポイントで代替可能であることを考えると、この交換では1アップグレードポイント=2,225円相当となります。ですので、これらを単純に比較するだけでも、どちらが有効な使いみちかは一目瞭然ですね。使い切れないほどアップグレードポイントがある方には有効なサービスかも知れませんが。

 

 

プレミアムエコノミーへのご変更

 

国際線において、搭乗手続きの際に空席があれば、追加料金を支払うことなくプレミアムエコノミーを利用できるというサービスです。てか、追加料金がかからないって、冷静に考えてすごいですよね。国際線は長時間搭乗になりがちですから、アップグレードのおかげでより快適に過ごせるようになるのは大歓迎ですね。このサービスはプラチナ相当で、家族会員も利用できます。

 

スーパーフライヤーズ会員オリジナルネームタグ

 

SFC取得記念に貰えるようです。

スクリーンショット 2016-01-28 16.13.25

 

苦労してSFCを取得した証みたいな感じでしょうか。そのときになってみないと何とも言えないですね。

 

 

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのご優待

 

プレミアムメンバー限定セレクション

 

ライフスタイルマガジン『ANA AZURE』

 

ライフスタイルウェブマガジン『WEB AZURE』

 

ダイアリー・カレンダー・手帳のプレゼント

 

 

まとめ

 

全4回に渡ってANA SFCについてまとめて来ましたが、如何でしたでしょうか。こうして見直してみると、改めてメリットの多さが際立ちますね。これだけ沢山あると、皆さんにもお気に入りのサービスが見付かったのではないでしょうか。

 

しかも、これがクレジットカードの年会費を払い続けるだけでほぼ半永久的に維持できるというのが驚きです。もちろんSFC取得の道は平易ではありませんが、これでは毎年毎年SFC取得を目指す人が後を断たないのも納得です。そして、私自身も今年中のSFC取得を再度かたく誓うのでありました。

 

ANA SFCの基礎知識に関してはここまでになります。お疲れ様でした。次回以降は、より実際に即した内容になっていきますので、お楽しみに!

 

スポンサード リンク

 

 

 

>>ANA SFC取得に向けて、自身の現状把握を行いましょう

 

関連記事

 

 

 




当ブログにお越しいただきありがとうございます。

下記ランキングサイトに登録して勉強中です。

ブログ発展のため、下記クリックにどうかご協力ください。

よろしくお願いします!

 ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


ここまでお読みいただきありがとうございます


気に入っていただけましたら
「フォロー」「いいね!」をお願いいたします!

あなたにオススメの記事はこちら!

 - ANA SFC, 基礎知識