プレミアムポイントとは

      2016/03/07

 

前回の記事では、ANA SFC取得のために必要な条件について説明しました。

 

その際に、「プレミアムポイント」なる新たなキーワードが出て来たわけですが、これは一体何なのでしょうか?今回はこのプレミアムポイントについて説明していきます。

 

スポンサード リンク

 

プレミアムポイントとは

 

ANAプレミアムメンバーサービスにおけるステータス獲得には、プレミアムポイントを貯める必要があるのでした。注意すべきは、マイルではなくプレミアムポイントである、ということです。いくらマイルを貯めてもステータスは獲得できません。

 

さて、前回は無視して話を進めてしまいましたが、このプレミアムポイントって一体何なのでしょう?それが分からなければ、プレミアムポイントの貯めようがありませんよね。中には「え?マイルとは違うの?」くらいの認識の方もいらっしゃるかも知れません。ANAのホームページを確認すると、

プレミアムポイントは、お客様が1年間にご利用いただいたANAグループ運航便や、スター アライアンス加盟航空会社ご搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイントです。

プレミアムポイントとは|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

 

と書いてあります。ただ、これだけだと、

  • ANA便やスターアライアンス便に乗ると貯まるらしい
  • マイルとは別らしい

ということは分かりますが、具体的なことはよく分かりません。そこで、もう少し分かり易い図に登場していただきます。

スクリーンショット 2016-01-28 1.18.20

なるほど!これを見ると、プレミアムポイントは「区間基本マイレージ」「予約クラス・運賃種別ごとの積算率」「路線倍率」「搭乗ポイント」の4つが分かれば計算できることが分かります。では、この4つはどのようにして決まるのでしょうか。

 

 

区間基本マイレージ

 

これは、どこからどこまで搭乗したか、で決まります。すなわち、出発空港と到着空港との距離ですね。ですので、他の要素によって変動することのない数字で、同じ飛行機に乗っていれば誰でも一緒と言えます。プレミアムポイントの計算では、この区間基本マイレージが文字通り基本となります。

 

具体的には、以下のページからご確認ください。区間基本マイレージは発着空港によって当然変わります。

 

例えば、羽田発着の国内線に関しては、以下のようになります。

 

 

路線倍率

 

これは非常に単純です。

  • 国内線                                       2倍
  • 国際線 ANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア路線             1.5倍
  • 国際線 ANAグループ運航便のその他路線、スターアライアンス加盟航空会社運航便    1倍

のように決まっています。すなわち、飛行距離の短い国内線で高く設定されており、距離が長くなる欧米便で低く設定されているわけですね。

 

 

予約クラス・運賃種別ごとの積算率/搭乗ポイント

 

同じ飛行機に乗っていても、良い席に座っている人もいれば普通の席の人もいます。また、購入時期によっては安く買えることもあれば、直前に購入したせいで高く付いてしまった、なんて方もいらっしゃるかも知れません。積算率というのは、マイレージ及びプレミアムポイントにこれらの重み付けをする為の数値になって来ます。

 

以下の表をご覧下さい。

ANA国内線利用運賃一覧

 

これは、ANAの国内線を利用した際の積算率がどうなるか、を予約クラスや運賃種別に応じて一覧にしたものになります。この表から読み取れることを大雑把にまとめると、

  • より良いクラスを利用した方が積算率が増える
  • より高い金額で購入した方が積算率が増える

ということになります。まあ、要するに、沢山お金を使ってくれた人ほどプレミアムポイントを多くつけますよ、ということですね。ちなみに、この表には搭乗ポイントも記載されていますので、これで4つ全てが分かったことになります。

※なお、国際線は国際線で別の表になりますが、基本は同じなので今回は省略します。

 

ちなみに、実際の空席照会結果画面(搭乗日・区間は適当です)をお見せすると、

空席照会画面

 

のようになっています。ここで、赤枠で囲まれた上が運賃種別となり、下が区間基本マイレージとなるわけです。分かり易いですね!

 

 

ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

さて、4つの数値も分かったことだし、さっそく手動で計算するか、と思われた皆さん!ちょっと待って下さい!もちろんそのまま計算しても良いのですが、ANAが便利なものを用意してくれています。それが、こちらのANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

 

になります。これに必要事項を入力すると自動でプレミアムポイントを計算してくれる他、取得予定マイルも同時に算出してくれますので、非常に便利です。さあ!これでようやくプレミアムポイントがどんなものなのかが分かりましたね!

 

さて、プレミアムポイントを50,000ポイント貯めればSFCが取得できるのでした。では、イメージを湧きやすくすべく、1つ具体例を挙げてみます。

 

私は1〜2月に一度、仕事の関係で広島へ出張があります。ですので、羽田から広島まで、この場合は仮に普通運賃(運賃3)で行ったと仮定します(カードはANAカード一般、ステータスは設定無しにしています)。先程のシミュレーターで計算してみますと、こんな感じですね。

スクリーンショット 2016-01-28 3.26.18

 

羽田から広島まで、片道普通運賃で1,228プレミアムポイントだと分かりました。ですので、この路線だけで50,000プレミアムポイントを貯めようとすると、

回数=50,000÷1,228
=40.7・・・回

となり、20往復以上しなくてはならないということになります。この区間の普通運賃が大体37,000円程度ですので、これだけで50,000プレミアムポイントを越えようとすると、

総費用=37,000×41
=1,517,000円

になりますね。・・・これ、普通は自腹ですぐにぽんと払えないですよね?ということで、何も考えずに適当に乗っていれば達成できるほど簡単ではないということが再確認できました。

 

そういったわけで、より効率的にSFCを取得するための考察があちこちで為されています。そして、このブログでも、自身のSFC取得に向けてその辺りを分析・検討しています。効率的な路線検討に関しましては、

 

国内線

 

国際線

coming soon

 

を、私自身の検討・考察に関しましては、

 

をご覧ください。今回は、プレミアムポイントとはこんなものだよ、そして50,000プレミアムポイントを貯めるのこれだけ大変なんだよ、ということが理解していただければそれで十分です。

 

では、何故そこまで大変な思いをしてSFCを取得する必要があるのか?一体どんなメリットがあるというのか?次回はその辺りについて説明していきたいと思います。

 

スポンサード リンク

 

 

>>SFC取得のメリットとは?

 

関連記事

 

 




当ブログにお越しいただきありがとうございます。

下記ランキングサイトに登録して勉強中です。

ブログ発展のため、下記クリックにどうかご協力ください。

よろしくお願いします!

 ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


ここまでお読みいただきありがとうございます


気に入っていただけましたら
「フォロー」「いいね!」をお願いいたします!

あなたにオススメの記事はこちら!

 - ANA SFC, 基礎知識