ANAカード追加とAMCお客様番号の主従とスキップサービス

      2016/03/08

 

私は元々ANAマイレージクラブ会員ではありましたが、特にクレジットカード機能のないANAマイレージクラブカードの所持のみでした。しかし、1月半ばにSFC取得を決め、それ以降マイルも貯め始め、現在は、

  1. ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
  2. ANA VISA Suica
  3. ANAダイナース プレミアムカード

の順に徐々にANAカードも増えて来ました。

 

スポンサード リンク

 

AMCお客様番号の統合と主従

 

AMCお客様番号の統合

 

しかし、カードが増えるに従って気になることがあります。それは、AMCお客様番号がどんどん増えていく、ということです。

スクリーンショット 2016-02-13 12.47.53

 

ANAのホームページには以下のように書いてあります。

ANAお客様番号

 

ですので、新規にANAカードを発行すればするほど、AMCお客様番号は増えていくことになるわけですね。「それの何が問題なんだ?」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。確かに、これらは同一名義であれば統合することができるため、それ自体は特に大きな問題となるわけではありません。ホームページにも、

マイル口座のおまとめ(統合)について

同一名義のカードを複数枚所持している場合に限り、マイル口座をひとつにまとめることができます。新たなカードをお申し込みになる際の入会申込書や、ANAカードのコース変更用紙(切替用紙)に、ご利用されていたお客様番号を記入いただければマイルは引き継がれます。

※おまとめになるカードのお客様情報が各々異なりますとお手続きができない場合があります。お客様情報を最新の情報に更新くださいますようお願い申し上げます。

マイル口座おまとめのお手続きについてはマイル口座統合をご覧ください。「ANAカードファミリーマイル」のお手続きをご希望の場合には、「ANAカードファミリーマイル」登録よりお手続きください。

とはっきりと書いてあります。なお、通常はカード申し込みの際に現AMCお客様番号も記載することになりますので、それを元に勝手に統合してくれます。良かったですね。しかし、それを行わなかった場合は自分で統合する必要が出て来ます。

 

 

AMCお客様番号の主従

 

ただし、これらのAMCお客様番号には「主従」があることに注意しなければなりません。そして、メインカードでないとできないことも存在します。同じくホームページで確認すると、以下のような記載があります。

「メインカード」について

複数のカードのマイル口座を一つの口座に集約・統合したのち、主としてご利用になるカードを「メインカード」と呼びます。

※以下のサービスは「メインカード」でのみご利用可能です。

  • 特典のお申し込み(一部を除く)
  • 特典利用者登録
  • 国際線予約(確認・変更なども含む)
  • 海外ツアー予約

「メインカード」は、会員ご本人様が指定される場合と、新たなカードのお申し込みなどにより自動設定される場合があります。

 

ちなみに、新規にANAカードを申し込むと、そちらがメインカードとして上書きされます。ですので、今後新たなANAカードの発行を検討されている方は、この点に注意が必要です。

 

 

主従の確認方法

 

なお、メインカードの確認方法に関しても、同じページ内に書いてあります。

「メインカード」の確認方法

会員専用ページにログインいただき、「メインカードの変更」にお進みください。現在「メインカード」に設定されているお客様番号が確認できます。

 

具体的に見ていきましょう。上の「メインカードの変更」をクリックすると、

スクリーンショット 2016-02-13 14.04.28

 

といったページに移動しますので、「メインカード変更」をクリックします。すると、

スクリーンショット 2016-02-13 14.04.06

 

のような画面に移動します。ここの、「現在のメインカードのお客様番号」のところに書いてあるのが、文字通りメインカードのAMCお客様番号ですね。これで確認ができました。

 

 

主従の切り替え

 

ちなみに、メインカードの変更もこのままできます。上の図の下にある「メインカードのお客様番号」にメインカードにしたいカードのAMCお客様番号を入力し、「内容確認へ」をクリックします。すると、

スクリーンショット 2016-02-13 14.19.03

 

のような確認画面に移動します。記載されている番号で問題なければ、「以上の内容で申し込む」をクリックしましょう。以下のページが表示されれば完了です。

スクリーンショット 2016-02-13 14.19.26

 

これで、無事にメインカードの変更ができました。今後も何かの折に必要となるかも知れませんので、覚えておいた方が良さそうですね。

 

 

AMCお客様番号とスキップサービス

 

さて、AMCお客様番号には主従があることやその切り替え方法について説明して来ました。しかし!これだけでは解決できない問題があったのです!と言うか、むしろその辺りを解決したくてこの記事を書き始めたというのが正直なところです。

 

最初に違和感に気付いたのは、今月末に搭乗予定の羽田ー石垣路線の予約を確認しようとしたときでした。「あれ?購入したはずなのに、予約確認に出て来ないな・・・」そうなんです!いくらどう頑張っても購入済みの路線が確認できなかったのです。

 

そこで、その辺りの状況を振り返ってみると、

  1. ANAマイレージクラブカードのAMCお客様番号でログイン
  2. 羽田ー石垣路線を購入
  3. その後、ソラチカカード到着
  4. ソラチカカードのAMCお客様番号でログイン
  5. ソラチカカードをメインカードに変更

といった流れでした。

 

ちなみに、現在はANAダイナース プレミアムカードをメインカードにしています。カード自体はまだ届いていないのですが、メインカードの番号が勝手に更新されていたため、今後どうせそうするつもりでしたし、そのままにしてあります。なお、ANAダイナース プレミアムカードについての詳細は、

 

をご覧ください。

 

閑話休題。当初はメインカードを変更したせいかと思いましたが、改めてANAマイレージクラブカードに戻してもやはり出て来ません。そこで、一旦ログアウトし、今度はANAマイレージクラブカードのAMCお客様番号でログインし直しました。すると、ちゃんと羽田ー石垣路線の予約が表示されるではありませんか!これは、メインカードを再度ソラチカカードに戻してもちゃんと表示されました。

 

ということで、結局何が言いたいかと言うと、

 

購入した航空券は、購入した際にログインしていたAMCお客様番号と紐付けされている

 

ということです。なので、これに関してはメインカードに統合されるわけではなく、購入した際のカードそれぞれに紐付けされてしまっているのです。そうしますと、当然スキップサービスに影響が出て来るわけです。

 

 

スキップサービスとは

 

ANA国内線を利用する場合、搭乗方法には「スキップサービス」と「空港でのチェックイン」の2種類があります。空港でチェックインする場合は、自動チェックイン機や空港カウンターでチケットやバーコード等を提示してチェックインを行います。しかし、このチェックインのためにわざわざ行列に並んだり手続きしたりするのは面倒ですよね。そこで、このスキップサービスです。

 

スキップサービスですが、これはある手続きを踏むことで空港でのチェックインが不要になるサービスです。まず、インターネット経由(PCからでも携帯からでもOK)で航空券の予約を行います。そして、引き続き購入及び座席指定を行います。すると、スキップサービスが利用可能な状況であれば、予約詳細確認画面において、

スクリーンショット 2016-02-13 15.50.35

 

のように、座席番号の横に「SKiP」が表示されます(携帯だと「♪」)。なお、一部割引運賃や座席指定をしていないと利用できませんので、ご注意ください。詳細は「スキップサービスをご利用いただけないケース」に書いてありますので、こちらもご確認ください。

 

実際の搭乗までの手順ですが、チェックインは不要ですので、

  • 手荷物(-)  → 直接保安検査場へ → 搭乗口へ
  • 手荷物(+) → 直接手荷物カウンターへ → 保安検査場へ → 搭乗口へ

のような流れになります。ただ、このスキップサービスを利用する際には、二次元バーコードやおサイフケータイ、そしてANAカード等が必要になるのです。

 

 

新しいAMCお客様番号でのスキップサービス

 

ですので、先程の私の例で言いますと、あくまで羽田ー石垣路線はANAマイレージクラブカードに紐付けされていますので、

  • ANAマイレージクラブカード → スキップサービス可
  • ソラチカカード       → スキップサービス不可

となり、これを知らずに空港に行くと「えらいこっちゃ!」となるわけです。早く気付いて良かった・・・。

 

さて、ではこの問題をどうか解決した良いのでしょうか?これもちゃんと調べると、ホームページに書いてくれていますね。

スクリーンショット 2016-02-13 16.00.02

 

・・・なるほど、要するに

 

電話しろ

 

ということですね。なので、ネット上での変更はできないようですので、おとなしく電話して紐付けし直してもらいましょう。ちなみに、電話前です。

スクリーンショット 2016-02-13 16.24.12

 

ANAカード会員専用デスクから電話します。すると、まずは自動音声対応になりますので、「1(国内線)→1(予約関連)」と押してさっさとオペレータに繋げてもらいます。ちなみに、登録した番号から電話すればAMCお客様番号の入力は省略できますが、4桁の暗証番号は入力する必要があります。ただし、「忘れ・・・」と自動音声が言いかけていたので、もし分からなくても、オペレータに繋いで本人確認がとれれば大丈夫なのでしょう(恐らく)。ダイナースもそうでしたし。

 

引き続き、ANAマイレージクラブカードで予約したこと、これを今のカードに紐付けしたいことを説明します。すると、その場で予約を確認し直した後、そのまますぐに紐付けし直してくれました。電話直後に再度予約を確認してみると、

スクリーンショット 2016-02-13 16.33.07

 

なんとまあ、元々こうだったでしょ?と言わんばかりに紐付けし直されています。良かった、良かった。と言うか、こんなに簡単に紐付けし直せるのであれば、個人個人で紐付けし直せるようにしたらダメなんでしょうかね?何か不都合でもあるのだろうか・・・。

 

なお、以下の場合はそもそもAMCお客様番号が変更にならないため、特に変更手続きは不要のようです。

スクリーンショット 2016-02-13 16.19.37

 

ということで、今回は以上になります。もし同じようなことで困っていらっしゃる方がいれば、是非とも参考にしてください。

 

スポンサード リンク

 

 

関連記事

 

 

 




当ブログにお越しいただきありがとうございます。

下記ランキングサイトに登録して勉強中です。

ブログ発展のため、下記クリックにどうかご協力ください。

よろしくお願いします!

 ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


ここまでお読みいただきありがとうございます


気に入っていただけましたら
「フォロー」「いいね!」をお願いいたします!

あなたにオススメの記事はこちら!

 - ANA SFC, お役立ち情報